メニコンスーパーコンサート

クラシックコンサートは、耳で聞いて楽しむのはもちろん、ホールの臨場感や
指揮者の躍動感など目で視て楽しむ側面もあります。
メニコンは「メニコンスーパーコンサート」を毎年開催し、
「目で音楽を楽しむ」ことの感動をお届けしています。
世界各国の著名な音楽家を招いたり、若い世代の方にクラシックを
身近に楽しんでもらう企画など、多くの皆様にご好評をいただいております。

1991年より様々な内容で各地で開催しております。

2021年は新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い一般のお客様のご招待を中止し、関係者のみ参加で開催いたしました。
ダイジェスト映像を公開しております。

日本で最初に角膜コンタクトレンズを生み出した、
メニコン創業者会長、田中恭一。
その半生を、作曲家・宮川彬良がオペラ化。
株式会社メニコン創業者・会長 田中 恭一

2001年 創業50周年記念の一環として
「開眼21スーパーコンサート」が開催されました。
序曲「KAIGEN21」 作曲:宮川彬良
交響詩「開眼21」 作曲:井上道義
の2曲が、このコンサートのために、委嘱作品として作曲されました。