ニュース

2022年3月

櫻井翔さんを新CMキャラクターに起用した遠近両用コンタクトレンズ プロモーション展開のご案内
~近くも遠くもLactive(ラクティブ)に~

株式会社メニコンは、遠近両用コンタクトシリーズ「Lactive(ラクティブ)※」の新CMキャラクターに櫻井翔さんを起用したプロモーション展開をすることをお知らせいたします。 

デジタルデバイスの中でも特にスマートフォンの普及やコロナ禍に伴う在宅時間により近くを見つづける時間が増えたことで、老視の初期症状が出始める年齢も低下傾向にあります。老視は年齢とともに衰えるピント調節機能の低下であり、誰でも起こりえる症状です。 
ピントをあわせる調節力のピークは10歳とされており、その後は年齢と共に調節力は弱くなっていきます。 

①調節力グラフ.jpg

なお、現在コンタクトレンズ使用者は1日使い捨てコンタクトレンズの中でも高い酸素透過性と快適なつけ心地を両立させたシリコーンハイドロゲル素材を選択されるユーザーが増加しており、メニコンは今年1月「1DAYメニコン プレミオ マルチフォーカル」を発売いたしました。また、20年以上前から遠近両用コンタクトレンズの開発に傾注しており、ソフトもハードも素材の特性にあわせたデザインにて商品ラインナップを充実させてきました。
 「遠近のコンタクトレンズはまだまだ早い!?」と遠近を老いと思い躊躇されていたユーザー様にも気軽に試していただき、よりアクティブライフを過ごしていただけるようなプロモーション展開を行っていきます。 

① Lactive
近くも遠くもアクティブに。
Lactiveは活動的で豊かな毎日を応援する
遠近両用コンタクトレンズ・シリーズです。

②Lactiveロゴ.png

※Lactiveは LiveとActiveに由来する造語です。 

■特設サイトURL:https://www.menicon.co.jp/lactive/

② 新タレントを起用
櫻井翔さんを新CMキャラクターとして起用し、各種プロモーションを展開していきます。

③タレントポスター.png

③ アンケート調査実施
遠近両用コンタクトレンズのコミュニケーションを展開する上での視力矯正に関する実態調査を梶田眼科梶田雅義院長に監修いただきアンケート調査を行いました。 
調査回収数3,000ss(30代-50代 男女)
各年代1,000名(男性500名・女性500名)
調査方法はWeb調査 調査エリアは全国で実施 
アンケート内容は一部抜粋となります。 

1) 現在、老眼(老視)の症状をどのぐらい感じていますか?

④老眼症状円グラフ.png

2) 目に関する不調を感じていますか?
【老視の初期症状の可能性の確認】 

⑤初期症状 表・円グラフ.png

3) 【老眼を自覚している人に限定】    
   現在、老眼(老視)用の眼鏡やコンタクトレンズを使用していますか。

⑥メガネ使用有無グラフ.png

アンケート結果から、30代から老視の初期症状を感じても、老視矯正を行っていない人が約59%いることが分かりました。 

梶田雅義先生によりますと、年々老視の初期症状を訴えて来院される方が増加傾向にありますが、問診後に遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズを推奨した結果、眼精疲労や老視の症状が緩和されていることを確認されているとのことです。 

④ 商品ラインナップ

⑦商品ラインナップ 表.png

⑧PremiO multi.png

1DAYメニコン プレミオ マルチフォーカル

⑨PremiO遠近両用.png⑩PremiO遠近両用toric.png

2WEEKメニコン プレミオ 遠近両用                          
2WEEKメニコン プレミオ 遠近両用トーリック(乱視用)

⑪FourSeasons bifocal.png

フォーシーズン バイフォーカル

メニコンは目の安全と正しいコンタクトレンズの使用方法に関する啓発活動を行うと共に、Lactiveのプロモーション展開を通じて、遠近両用コンタクトレンズのマーケットが活性化するよう推進いたします。また、今後もお客様一人ひとりのライフスタイルやニーズに応じた商品やサービスの提供を通じて、新しい「みる」の提案をしてまいります。