グロッシーチェリー うるっと、つややか ダークグレーとオリーブカラーがみずみずしいつや感を演出して、凛として上品な瞳に。 グロッシーチェリー うるっと、つややか ダークグレーとオリーブカラーがみずみずしいつや感を演出して、凛として上品な瞳に。

オレンジみたいに元気で、
ストロベリーみたいに愛らしくて、
チェリーみたいにつややかで。

フルーツみたいな瞳って、
とってもチャーミング。

イタリア語でフルーツを意味する
FRUTTIから名づけた
FRUTTIE〈フルッティー〉。

あなたの瞳が、あなたの毎日が、
キュンと元気にはじけますように。

取扱店はこちら

COLOR

どんな瞳で、どんなフレッシュな私になる? どんな瞳で、どんなフレッシュな私になる?
スゥイートベリー ふんわり、かわいい コーラル系のアクセントがやわらかな雰囲気を演出して、女の子らしい優しげな瞳に。 スゥイートベリー ふんわり、かわいい コーラル系のアクセントがやわらかな雰囲気を演出して、女の子らしい優しげな瞳に。
ブライトオレンジ ぱっちり、ナチュラル グラデーションブラウンのカラーがほどよい立体感を演出して、明るく元気な瞳に。 ブライトオレンジ ぱっちり、ナチュラル グラデーションブラウンのカラーがほどよい立体感を演出して、明るく元気な瞳に。
グロッシーチェリー うるっと、つややか ダークグレーとオリーブカラーがみずみずしいつや感を演出して、凛として上品な瞳に。 グロッシーチェリー うるっと、つややか ダークグレーとオリーブカラーがみずみずしいつや感を演出して、凛として上品な瞳に。

瞳、もっと大きく、もっと自然に。ヒミツは、3トーングラデーション。 瞳、もっと大きく、もっと自然に。ヒミツは、3トーングラデーション。

3つのカラーが重なりあって、
自然になじむ「大きな瞳」をかなえます。

3トーングラデーション 3トーングラデーション

POINT

POINT 1

目を守る、UVカット機能

目に有害といわれる紫外線をカット。
大切な瞳を守ります。
※UV-A波:カット率50%
 UV-B波:カット率95%(-3.00D)

POINT 2

水分たっぷり高含水コンタクトレンズ

コンタクトレンズの58%が水分を含む、高含水素材。
やわらかなつけ心地で、優しく瞳になじみます。

POINT 3

うるおいキープ、保湿成分配合

レンズ保存液に、高分子うるおい成分 「MPCポリマー」を配合。 レンズを優しく包み込み1日中快適に過ごせます。

POINT 4

色素が瞳にふれない、サンドイッチ構造

着色部分をレンズ素材がしっかりはさんでガード。
色素が直接瞳にふれません。

MAKING MOVIE

取扱店はこちら

製品仕様

  • レンズカラー
    • Sweet Berry スウィートベリー Sweet Berry スウィートベリー
    • Bright Orange ブライトオレンジ Bright Orange ブライトオレンジ
    • Glossy Cherry グロッシーチェリー Glossy Cherry グロッシーチェリー

素材

  • 素材
  • 2-HEMA、 MAA、 EGDMA、 TMPTMA

物性値

  • 酸素透過係数
  • 19.73×10-11(cm2/sec)・(mLO2/(mL×mmHg))
  • 含水率
  • 58%
  • 屈折率
  • 1.402
  • 視感透過率
  • 95%
  • コンタクト
    レンズ分類
  • グループⅣ(イオン性高含水)

製作範囲

  • ベースカーブ
  • 8.70mm
  • 直径
  • 14.2mm
  • 中心厚
  • 0.08mm(-3.00Dの場合)
  • 球面度数
  • ±0.00 D , −0.25 D~−6.00 D (0.25 D ステップ)
    −6.50 D ~−10.00 D (0.50 D ステップ)

ベースカーブは、レンズ光軸上の頂点曲率半径を示します。

  1. レンズの取り扱いならびに使用上の注意については添付文書をご確認ください。
  2. 装用感・うるおい感には個人差があります。
  3. MRI検査を受ける際にはレンズをはずしてください。

ご注意いただきたいこと

お願い:コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の指示を受けてお求めください。

  1. 装用時間・期間を正しくお守りください。
  2. 取扱方法を守り、正しくご使用ください。
  3. 眼の検査は必ずお受けください。
  4. 少しでも異常を感じたら直ちに眼科医の検査をお受けください。
  5. 添付文書をよく読み、正しくご使用ください。

取り替えのきかない大事な目だからこそ、
コンタクトレンズは正しく使ってください。


コンタクトレンズに関する
よくある質問はこちら

オススメコンテンツ