ニュース

2021年11月

中国に遼寧省初「眼の健康科学ミュージアム」を開設~青少年への視力に関する理解促進のため~

トップ画像.png

株式会社メニコンの子会社である、大連板橋医療機器有限公司(遼寧省大連市西崗区中山路147号 総経理 孫政基)は、青少年の視力への理解促進のため、「板橋医療 眼の健康科学普及館(以下、眼の健康科学ミュージアム)」を中国遼寧省に開設しました。

中国の眼科医療分野で実績のある温州医大附属眼视光医院は、青少年へ「見ることの大切さ」を訴求する施設として眼の健康科学普及館を開設し、その成功を受け、この科学館をモデルとする「全国眼の健康科学普及館連盟」を創設しました。この度、大連板橋医療機器有限公司は本連盟に参加し、2021年9月に遼寧省初の眼の健康科学ミュージアムを開館いたしました。本ミュージアムは、大連市西岡区政府より「眼健康科学普及教育基地」として認定を受けました。

眼の健康科学ミュージアムは、遊びながら見ることの大切さを学ぶエンターテイメント型の教育施設です。『イメージエリア』『科学ゾーン』『インタラクティブゾーン』『プレゼンテーションエリア』の4つのエリアに分かれ、目の健康や近視・遠視・乱視の仕組みなどが紹介されております。館内では、マルチメディアを活用した学習、VRを使った動物等の視界体験等、楽しみながら「見ることの大切さ」を学び、視力の大切さを理解できる仕組みになっております。

世界的にも近視の低年齢化は問題視されておりますが、中国においてはその傾向がとりわけ顕著です。メニコン及び大連板橋医療機器有限公司は、「より良い視力の提供を通じて広く社会に貢献する」ことをスローガンとする企業として、中国の青少年やその保護者に対し、眼の健康科学ミュージアムでの学びを通してEYE CARE(視力保護)の理解を促すことで、長期に渡る見る健康に寄与できることを期待しております。

図3.png今秋10月の中国での大型連休に、多数の小中学生が来館し、賑わいを見せた眼健康科学ミュージアム。

板橋医療 眼健康科普館
住所 : 大連市西岡区大公街24号 康橋眼科クリニック2階
面積:200㎡
入館料:無料
参考 : https://mp.weixin.qq.com/s/C35W5jVq4_SR1N1r4NruEA