役員略歴

取締役兼代表執行役社長

田中 英成(たなか ひでなり)

1959年京都生まれ。
日本初の角膜コンタクトレンズを開発した創業者田中恭一を父に持ち、眼科専門医を取得後、メニコンへ入社。
環境変化に伴い、悪化した業績を立て直すため、業界内世界初の定額制会員販売システム「メルスプラン」を考案し、市場に導入させる為、2000年に40歳で社長へ就任。経営改革を果敢に行い業績をV字回復させ、東証及び名証1部同時上場を実現した。またユーザーファーストの商品開発を積極的に実施。
特に1DAYコンタクトを清潔・簡単に取り出せるケースを業界の新常識「スマートタッチ」として展開し、ラジオCMなどを自らクリエイトする。

また、「メニコンカップ」日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)を20年以上支援し若手育成に貢献。
プライベートでは「あおい英斗(ペンネーム)」として脚本や作詞を手掛け、代表作ラジオミュージカル「本能寺が燃える(2011年ギャラクシー奨励賞受賞・JFN賞企画部門大賞)」、などを制作。各方面で将来性のある若い音楽家や俳優の支援も行っている。

略歴

1987年3月 愛知医科大学医学部医学科卒業
1988年6月 眼科勤務医
1994年4月 有楽河合ビル眼科開業
1994年4月 株式会社メニコン取締役
2000年6月 株式会社メニコン代表取締役社長
2010年6月 株式会社メニコン代表執行役社長

公職

2009年4月 在名古屋シンガポール共和国 名誉総領事
2016年12月 公益財団法人東京二期会 理事
2016年12月 学校法人名古屋自由学院 理事・評議員
2004年6月 一般社団法人日本コンタクトレンズ協会 会長
2017年6月 一般社団法人日本コンタクトレンズ協会 相談役
2018年11月 一般社団法人スター・クラシックス協会 代表理事
2021年5月 公益財団法人セントラル愛知交響楽団 理事

受賞歴

2005年11月 フランス芸術文化勲章シュバリエ 受章
2018年4月 藍綬褒章 受章
2019年8月 シンガポール共和国 国家勲章パブリックサービススター 受章

関連情報