コーヒー豆かすの飼料化

スターバックス コーヒー ジャパンと取り組む
食品リサイクルループにメニコンの発酵促進技術を提供

コーヒー豆かすリサイクル メニコンはスターバックスコーヒージャパン株式会社とともに取り組む「食品リサイクルループ」において、 コーヒー豆粕を「牛のえさ」として再利用、飼料化する技術監修を実施しています。
メニコンは環境エコ事業として稲わら分解促進材や畜ふんの堆肥化促進材などの開発に取り組んできましたが、これまでに培った発酵促進技術を応用し、 スターバックスコーヒージャパンのコーヒー豆かすを各店から衛生的に回収し乳酸発酵させることで長期保存と飼料としての利用を可能にする技術を確立、実用化に至りました。

コーヒー豆かすリサイクルの流れ

2018 愛知環境賞「名古屋市長賞」受章

愛知県が主催する愛知環境賞におきまして、「名古屋市長賞」を受賞しました。

詳しくはこちら

「食品産業もったいない大賞を受賞」

2015年に開かれた「第2回食品産業もったいない大賞」(一般社団法人日本有機資源協会主催)にて、スターバックス コーヒージャパンとともに農林水産大臣賞を連名で受賞しました。

レポートを見る

""