企業理念

  • 企業理念
  • 会社情報
  • 企業コミュニケーション

メニコン環境宣言

私たちメニコンの環境への想い

昨今、環境への関心が世界各国で急速に高まりつつあります。近年中には、良識ある社会の一員として、誰もが積極的に環境を意識し行動しなければならない時代が来ます。それは、法人や個人とか官や民とかに係わらず、すべての人々が地球環境の将来を真剣に考えなければならない時代です。ところが、ゴリラやオランウータン、シロクマやパンダなどの絶滅危惧種に代表されるように、実際には、すでに取り返すことのできない状況に追い込まれている自然もたくさんあります。人類が手をこまねいて問題の先送りを繰り返していると、やがて地球温暖化さえも止めることのできない負のスパイラルに陥ってしまうでしょう。 メニコンは、『目に携わる責任(*1)』を果たすため、創業以来の企業理念である『より良い視力の提供を通じて広く社会に貢献する』を維持し、高機能で高品質な数多くの製品やサービスを皆様のもとへお届けしております。お陰様で半世紀以上にわたり、私たちは、変わらぬ理念と輝かしい歴史を誇りとして業界をリードしてきました。メニコンの将来を考えるとき、私たちは、『ずっと輝く瞳に(*2)』を願い、人類と地球の未来を同時に見据えて、『人にも動物にも環境にも優しい地球企業でありたい』と思っています。そして、私たちが開発した技術や英知が地球のすべてに恩返しできることを夢見て、新たにエコロジーを視野に入れた活動へ総力を挙げて挑戦したいと考えています。

*1:2001年にコーポレートメッセージに採用
*2:2005年にコーポレートメッセージに採用

私たちメニコンマークの秘密

英字表記『Menicon』をみると、その中に『ECO』があることに気付きます。私たちは、ここに運命的な暗示があったのだと感じました。
メニコンは、角膜が必要とする酸素を十分透過できる安全なコンタクトレンズの素材開発に情熱を燃やしてきました。森林では、木々が大気中のCO2を取り込んで太陽から注がれる光と葉緑素の光合成によって酸素ができます。双方には酸素を共通のキーワードにした赤と緑の見事な融合があったのです。

私たちメニコンの環境への取り組み

1)経営努力により環境への負荷を減らします

メニコンでは、経営計画において、いち早く環境への対応を打ち出し、具体的な取り組みを始めています。例えば省エネ法に準拠したエネルギー消費原単位の低減を目指し、日常的に節電や節水に努める一方で、様々な業務改革を重ねてエネルギー消費を抑制する工夫を続けます。また、商品やサービスの開発においても、廃棄物の削減やリサイクルの可能性を考慮するなど、より環境へ負荷の少ない斬新な提案を続けて参ります。

2)酵素事業は環境に優しいを推進します

メニコンでは、コンタクトレンズ洗浄液の開発過程で発見した新種の菌(*3)の産生する酵素を応用し、稲藁分解や畜糞分解など農業分野で土壌改良や堆肥化促進に貢献しています。これにより農家の作業効率が著しく改善されるのみならず、窒素による土壌や地下水の汚染を防止し、メタンなど地球温暖化ガスの削減やアンモニアなどによる悪臭の抑制にも役立っています。
*3:CellulomonasK32A:国際登録済み

3)動物医療は動物にも優しいを推進します

メニコンでは、コンタクトレンズや眼内レンズの開発で培った技術をもとに、角膜障害や白内障を患う動物の治療に貢献しています。メニコングループの株式会社メニワンを通じて、人間と動物がより身近に共存できる環境づくりに努め、社会に貢献していきたいと考えております。

4)大切な水と酸素のために森づくりを推進します

角膜の細胞に大切な大気中の酸素を生み出し、コンタクトレンズのケア用品の製造に欠かせない清らかな水を育んでくれる森林。メニコンは『なごや西の森づくり』や『メニコンの森(Present Tree in 飛騨高山)』に苗木を寄贈し、市民の皆様と一緒に植樹を行う活動をしています。


HOME 企業情報 > 企業理念 > メニコン環境宣言
PAGE TOP
Copyrights(C) Menicon, all rights reserved.