豊かな緑、清らかな水を育んでいく メニコンの森

伐採跡地に木を植えることで、緑が豊かになっていくことはもちろん、その地が、水源涵養林となることをめざしています。雨が降り、木々が育つことで、土壌が守られ、水がしっかりたくわえられる森へとなっていくのです。植樹エリアをどんどん広げ、小さな思いをつなぐことで、豊かな森を夢見て植樹をすすめます。

※水源涵養林(すいげんかんようりん)・・・雨水を吸収して水源を保ち、合わせて河川の流量を調節する役割を持つ森林。

岐阜県高山市清見町
  • 樗(ブナ)
  • 欅(ケヤキ)
  • 楓(カエデ)
  • 栗(クリ)
  • 山桜(ヤマザクラ)
  • 水楢(ミズナラ)

▲このページの先頭へ戻る

森の恵みを商品づくりへ。

コンタクトレンズを清潔に保ち、健やかな瞳でいていただくために。私たちは、「清らかな水」を原料とする、森の恵みとして、エピカシリーズをお届けします。そして、あなたが製品を手にしていただくことで、また、森づくりへ、瞳のうるおいへ、地球の明日へとつながっていきます。

何より、安心を約束できる
「水」であるように。

ケア製品の工場で使う水は、しっかりと水質検査を実施。目に直接触れるものだからこそ、適正な管理のもと一定の質を保っています。

自然のやさしさを、
毎日のケアへ。

「うるおい力」をもたらす植物原料の親水成分、「タンパク付着を防止」するほか、「レンズについてしまったタンパク汚れを除去」する天然系成分、そして、厳しい品質検査をクリアした清らかな水。自然を源としたエピカシリーズが、あなたのコンタクトレンズライフを快適に支えます。

本プロジェクトは、「Present Tree」とともに取り組んでいます。

Menicon×PresentTree

▲このページの先頭へ戻る