環境・バイオ事業

  • コンタクトレンズ事業
  • 動物医療事業
  • 環境・バイオ事業
  • ライフサイエンス事業

「環境・バイオ事業」

コンタクトレンズ・ケア用品の開発で培った技術を、環境事業分野に活用。
メニコンならではの高品質なものづくりで、環境ビジネスの可能性を広げます。

「アグリ革命・アグリ革命アクア」
ブランド米の産地を支える、稲わら分解促進材の開発

稲刈り後の水田には、有毒なガスを発生させる稲わらが残ります。従来稲わらは焼却処分されることも多く、環境上の問題が指摘されてきました。メニコンはコンタクトレンズのケア用品で培った酵素技術を活かして、稲わら分解促進材「アグリ革命」を開発。酵素のチカラで稲わらを分解させ、「ガスわき」や「浮ワラ」を減少させる地球にやさしい資材です。2005年の発売以来、米どころ新潟県をはじめ、全国の農家の方に喜ばれています。

詳細を見る >

「レスキュー45」
環境にやさしいたい肥化促進システム。トヨタとの共同開発で畜産農家をサポート

現在、日本国内では年間約9,000万トンの家畜排せつ物が排出されています。悪臭や水質汚染など環境への悪影響が懸念されるほか、その処理は農家にとって大変な負担となっています。メニコンはトヨタ自動車・豊田通商との共同で、排泄物を迅速にたい肥化する「resQ45」を開発。発売以来、畜産農家の方に好評をいただいています。

詳細を見る >

「有機酸入りカルシウム強化剤」
メニコンの製品は、カルシウムと複数の有機酸とを配合した新しい卵殻強化剤です。

鶏の飲水量が増加する夏場や誘導換羽後には破卵率が増加する傾向にあります。腸内環境を改善させる複数の有機酸と、吸収性に優れたカルシウムは、破卵率の上昇を抑えるだけでなく、高い産卵率を長く維持するのに役立ちます。

詳細を見る >

スターバックスと取り組む、コーヒー豆かすリサイクル

メニコンは環境エコ事業として稲わら分解促進材や畜ふんの堆肥化促進材などの開発に取り組んできました。その発酵促進技術を応用し、スターバックスコーヒージャパンのコーヒー豆かすを各店から衛生的に回収し乳酸発酵させることで長期保存と飼料としての利用を可能にする技術を確立、実用化に至りました。

詳細を見る >

環境ビジネスの分野におけるメニコンならではの強み

2009年から「環境宣言」として全社をあげて環境への取り組みを行い、コンタクトレンズの技術を環境事業分野に活かしています。メニコン独自の学術的な研究開発アプローチで、高品質な製品作りを実現しています。今後も新たな環境事業の発展に向けて進化しつづけ、環境ビジネスの可能性を大きく広げていきます。

PAGE TOP
Copyrights(C) Menicon, all rights reserved.