環境・バイオ事業

  • コンタクトレンズ事業
  • 動物医療事業
  • 環境・バイオ事業
  • ライフサイエンス事業

「ライフサイエンス事業」

生殖補助医療、先端医療などを扱うライフサイエンス事業をスタート。
メニコンならではの安心・安全なものづくりを、広く医療分野へ。

生殖補助医療にもメニコン品質を

国内において不妊症の夫婦の割合は全体の10%以上と言われています。子どもが欲しいという切実な思いをサポートするために、メニコンは生殖補助医療分野の製品開発を行っています。たとえば、運動性の高い精子を素早く選別する「スパームソータ クオリス」は、メニコン独自の精密な素材加工技術を活かして作られています。また、国内トップクラスの不妊治療クリニックとの共同で、妊活をサポートするサプリメント「プレグナ」「Asada サプリ」を開発。厳密な基準の下で、メニコンならではの高品質を実現しています。

先端医療の現場に高品質な素材を提供

細胞研究の現場において、細胞培養では足場(スキャフォールド)が使われますが、この特性によって細胞の機能を十分に引き出すことができます。メニコンは精密な素材開発のノウハウを活かし、100%化学合成で品質が常に一定の自己集合性ペプチドから成る「パナセアゲル」を開発。実際の生体に近い3次元での細胞培養及び増殖の場としてお使い頂くことを可能にしました。いずれは臨床の現場にも活用の場を広げていくことを目指しています。

目を酷使している人に、めにサプリ。

「心と体のゆがみ解消効果」を、手軽に得ることを目指してメニコンが提案するサプリメント「食べるヨガ」シリーズ。メニコンは涙とコンタクトレンズの研究を通じて、涙の中にも多く含まれる「ラクトフェリン」の重要性を理解するとともに注目。 さらに「ラクトフェリン」に加え、「ツルレンゲエキス」「カシスポリフェノール」を加え「食べるヨガ」シリーズの一つとして「ラフェリアイ」を作りました。目を酷使せざるを得ない毎日に、目をサポートできないかという思いが込められています。

ライフサイエンス分野におけるメニコンならではの強み

先端医療分野では、日々新たな技術が試されており、本当に定着するものは一握りと言えます。メニコンは安心・安全なコンタクトレンズの製造を通して、人々の見える喜びに貢献することをモットーにしてきました。私たちはこれまで培ってきたものづくりの精神で、新分野にも果敢にチャレンジし、世の中のニーズに合わせた製品を生みだしていこうと考えています。今後はこのライフサイエンス事業をメニコン第2の事業基盤に育てていくことを目指し、海外も視野に入れた展開をしていきます。

HOME 事業内容 > コンタクトレンズ事業 > ライフサイエンス事業
PAGE TOP
Copyrights(C) Menicon, all rights reserved.