ニュース

  • ニュース

2012年1月

メニコン流ウォームビズ 統一ジャケットユニフォームの導入

ジャケットユニフォーム

 メニコンでは、今冬の特別ユニフォームとして、ソフトで保温効果の高い極細繊維のマイクロポリエステルを使用した統一ジャケットを社員に支給し、節電の徹底に取り組んでいます。

 支給対象は、工場や直営店を除き、室温のコントロールが可能な事業所の、派遣社員やパート、アルバイトを含む社員全員で、ホワイト・ブルー・ネイビー・ブラック・オレンジの5色から社員が希望する1着を支給し、1月13日(金)から着用しています。

 メニコンでは、昨年夏に独自のスーパークールビズの推進策として、ポロシャツを国内の全グループ社員に支給し、就業中は全員がユニフォームとして着用することにより、省エネ、節電を徹底するとともに、震災復興に向けた意識付けを強化に取り組みました。今回のジャケットの支給もこれに続くもので、原則として室温を20℃に設定して業務にあたっています。

 メニコンは、植樹活動への道具や苗木の寄贈、独自に発見した酵素群を利用した農業分野での環境ビジネスの展開など、環境への取り組みを強化しています。これからも『人にも動物にも環境にも優しい地球企業』として、エコロジーを視野に入れた活動への挑戦を続けてまいります。

< 一覧に戻る

HOME ニュース
PAGE TOP
Copyrights(C) Menicon, all rights reserved.