コーヒー豆かすの飼料化

「食品産業もったいない大賞を受賞」

2015年に開かれた「第2回食品産業もったいない大賞」(一般社団法人日本有機資源協会主催)にて、スターバックス コーヒージャパンとともに農林水産大臣賞を連名で受賞しました。
牛の飼料の効能の研究をメニコンと麻布大学(河合一洋准教授)が共同で実施し、有用な抗酸化作用が見いだされ、乳牛に給餌された際、乳品質向上(乳体細胞数減少)につながることが判明しました。
乳酸発酵結果として乳出荷量が増えたことや環境負担の低減と持続的な循環型社会の形成に貢献するシステムが高く評価されました。

もったいない大賞受賞

コーヒー豆かすの飼料化TOPへ戻る

""