正しい知識を身につけよう

ご存知ですか?

子どもの視力のホント

さまざまな情報があふれている今だからこそ、
正しい情報を得ることが大切です。
親御さんが子どもの視力に関する
正しい知識を身につけ、
お子さまの視力維持を
サポートしていきましょう。

視力が1.0未満の子どもが増えています!

  • スマートフォンや携帯ゲーム機が身近になった今、
    子どもの視力低下が進んでいます。
    うちの子は大丈夫と思わず、
    お子さまの視力の把握に努めましょう。
  • 視力1.0未満の子ども
  • 小学生が自宅でもっとも時間を使っていること
  • 小学生の多くが、デジタルメディアに接する時間が一番多いと回答しています。
    しかし、若年層でのデジタルメディアの長時間の利用は、視力の低下の原因となります。

なぜ、デジタルメディアの長時間利用で視力が低下するのか?

近視は、目の中の網膜にきちんとピントが合わず、網膜の手前でピントが合ってしまう状態を指します。
小学生の急な視力低下で多いのが「仮性近視」です。
長時間の目の酷使や、ゲーム端末の注視など手元にピントが合う状態を続けることで、毛様体筋が疲労し、遠くが見えにくくなるのです。

正常な状態 近視の目

仮性近視の一部は、点眼薬などで対処が可能といわれています。
しかし、生活習慣や環境によっては、真性の近視へと移行してしまい、矯正器具なしでは見えづらい状態に陥ってしまいます。

視力の低下はスポーツの競技能力にも影響を与えます!

視力が悪いと、物がはっきりと見えず、反応が遅れるなど、ミスをする確率が高まります。
視力の低下に合わせて競技能力も低下することが、プロスポーツの世界でも報告されています。

視力と種目別競技能力

視力が低下すると集中しづらくなり、
スポーツだけでなく勉強への集中力も低下します。
しかし、視力低下の進行は
子ども自身は気づきにくいものです。
親御さんからお子さまにアプローチし、
普段から気にかけていきましょう。

視力の低下は遺伝だけではない!

視力が低下する要因の一つとして遺伝が考えられています。遺伝により、目の組織や形状が親と似るためです。
しかし、遺伝以外の環境要因も大きいといわれています。親自身の視力が良いから、子どもの視力も大丈夫というのは過信です。

環境要因とは

寝転びながら本を読む、暗所で本を読むなど、
不安定な姿勢・視覚によって、眼軸長の伸長が生じると考えられています。
また、スマホや携帯ゲーム機を休憩なしで長時間遊び続けることも環境要因の一つです。
一方、屋外の活動が多いと近視になりづらいといわれています。

はっきり見えれば、パフォーマンスの発揮につながる「スポーツビジョン」

スポーツビジョンとは

“スポーツをする上で必要とされる総合的な見る力”を指します。人は情報の約80%を視覚から得ていると
いわれています。スポーツで効果的なプレーをするためには多くの情報を得て、素早い的確な状況判断が必要です。

スポーツビジョンには動いているものを的確に見極める動体視力、
ボールと相手との距離感をつかむ深視力、周りまでよく見える周辺視などがあります。
視力検査ではっきり見えていないと、動体視力や深視力が低下し、
本来のパフォーマンスを発揮することは難しくなります。

小学生の視力矯正にコンタクトレンズは使えない?

コンタクトレンズ装用に年齢制限はありません。しかし、子どもの使用に必ずしも適しているわけでもありません。
ポイントは「適切に扱えるかどうか」です。

コンタクトレンズは高度管理医療機器です

眼球の上に直接レンズをのせるコンタクトレンズ。
適切な視力矯正を行うためには眼科医の指導の下、購入・使用することが欠かせません。
眼障害などのトラブルを防ぐために、きちんと使用方法を守りましょう。

  • 1きちんとつけはずしができるか

    コンタクトレンズにホコリや汚れが付着したり、落としたり、破損しないよう、
    清潔に取り扱う必要があります。

  • 2適切なケアを行えるか

    1日使い捨てタイプを除いて、ケア用品によるレンズケアが毎日必要です。
    汚れがきちんと落とせないと眼障害の原因にもなり、見え方にも影響を与えます。

  • 3定期検査や装用時間など、ルールを守ることができるか

    眠る時ははずす、使用期間を超えて使用し続けないなど、
    瞳の健康を守るためにさまざまなルールが設けられています。
    視力が変化しやすい子どもは3ヵ月に1度は眼科医の検査を受け、
    店舗で購入しましょう。

親御さんが適切な知識を持って
サポートすること

一度低下した視力を回復させることは、
容易ではありません。
眼や視力のことが分からないお子さまを
サポートできるのは親御さんだけです。
少しぐらいなら手を抜いても大丈夫、ではなく、
大切な瞳を生涯守るため、
適切なコンタクトレンズの取扱い方法や
視力に関する知識を身につけられるよう
サポートしてあげることが大切です。

  • コンタクトレンズデビューは
    ここから!
    はじめようコンタクトライフ
back