第27回
日本クラブユースサッカー
東西対抗戦(U-15)

U-15オールスター戦が名古屋で観れるチャンス!!

2021.09.12 13:00 KIKC OFF パロマ瑞穂ラグビー場

第27回
日本クラブユースサッカー
東西対抗戦(U-15)

2021.09.12 13:00 KIKC OFF パロマ瑞穂ラグビー場

U-15オールスター戦が名古屋で観れるチャンス!!

summary

大会について

大会名称
メニコンカップ2021
日本クラブユースサッカー東西対抗戦(U-15)
主催
公益財団法人日本サッカー協会、一般財団法人日本クラブユースサッカー連盟、中日新聞社
主管
公益財団法人愛知県サッカー協会、名古屋サッカー協会
後援
公益社団法人日本プロサッカーリーグ、愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、全国新聞社事業協議会
特別協賛
株式会社メニコン
協賛
プーマ®、株式会社モルテン、サントリービバレッジソリューション株式会社
協力
名古屋グランパス
開催日時
2021年9月12日(日)13:00キックオフ
競技方法
前後半40分ハーフ(延長なし、同点の場合PK)
入場料
前売券、当日券とも:大人500円、小中学生300円「Boo-Wooチケット」にて、8月2日(月)10時から発売
※別途、会員登録(無料)が必要です。
参加選手
「第36回日本クラブユースサッカー選手権大会(U-15)」および「JCYインターシティトリムカップ(U-15)EAST」、「JCYインターシティトリムカップ(U-15)WEST」の出場チームの中から優秀選手を選考、所属クラブ所在地により選手を東西に分け、メニコンカップ出場チームを編成する。
感染症対策
新型コロナウイルス感染拡大状況により、開催可否・方法などについては、主催者の判断によって変更する場合があります。
参考URL: https://www.jfa.jp/about_jfa/guideline.html
会場
パロマ瑞穂ラグビー場(名古屋市瑞穂区山下通5-1)

message

メッセージ

メニコンは、おかげさまで今年70周年を迎えることができました。創業以来、コンタクトレンズのパイオニア企業として様々な挑戦をしてきました。日本初の角膜コンタクトレンズの開発から始まり、
定額制でコンタクトレンズを使用する「メルスプラン」の開発・運用。
近年では、レンズの内面にふれずに取り出せる業界の新常識「スマートタッチ」の開発など、
現在もチャレンジを続けています。

メニコンでは、「より良い視力の提供を通じて、広く社会に貢献する」を企業スローガンとしています。
サッカーは「アイコンタクト」という言葉があるように、「眼で戦うスポーツ」と言われるほど眼(視覚)が重要な役割を果たします。
そこで、スポーツを通して生まれる素晴らしい感動を多くの方と共有するとともに、
サッカー選手を目指す若者の夢を応援したいという考えのもと、
1995年の第1回大会よりメニコンカップの特別協賛を行ってきました。

メニコンカップは、サッカーのクラブチームに所属する中学生のオールスター戦です。
自分の夢をあきらめずにチャレンジし続ける中学生の本気の姿を見ることができる感動的な一戦です。
これからも本大会を通じて「夢に向かって挑戦することの大切さ」を届けていきたいと考えています。

株式会社メニコン 代表執行役社長 田中 英成