オルソケラトロジーはどんな治療?

手術せずに特殊なレンズで角膜の形を矯正

オルソケラトロジーレンズは、内側に特殊なデザインが施された、高酸素透過性のハードコンタクトレンズです。
その特殊なデザインのコンタクトレンズが、寝ている間に角膜形状を平らに矯正することで、近視の改善を行います。
そのため、翌朝レンズをはずした後も矯正された角膜形状は一定時間保たれるため、日中は裸眼でも良好な視界(※1)の快適な生活をお過ごしいただけます。

※1 オルソケラトロジーレンズでの矯正を始めてから視力が安定するまでは、メガネや使い捨てコンタクトなどを一時的にご使用いただく場合があります。
また、効果の現れ方には個人差があります。

装用前
装用前(近視の状態)眼は入ってきた光を角膜と水晶体で屈折させて、網膜上で焦点を合わせることにより像として捉えます。
近視の場合は、この焦点が網膜より手前で結ばれるために像がぼやけて見えます。
装用中
装用中レンズを就寝時に装用することで、角膜前面の形状が平坦化し、焦点が網膜上で結ばれて近視が矯正されます。
装用後
装用後(裸眼時)レンズによって平坦化された角膜前面は、レンズをはずしても一定時間形状を保つため、日中は十分な裸眼視力が維持されます。

動画で分かるオルソケラトロジー

オルソケラトロジーの検査

オルソケラトロジーレンズを快適に装用していただくために定期検査を必ず受けてください。
検査は使用中のレンズや保存ケースの状態を確認する為に、レンズを保存ケースに入れたものを持参して受診します。

また、調子よく使用していても、気づかないうちに眼やレンズに負担をかけていることがあり、見え方が急に変化したり、痛みや違和感を感じる場合があります。その場合、レンズの使用を中止して、すぐに眼科で受診してください。

定期検査スケジュール

  • 適応検査
  • 治療開始(装用開始)
  • 装用開始翌日
  • 1週間後
  • 2週間後
  • 1ヵ月後
  • 3ヵ月後
  • 以後3ヵ月後、または
    眼科専門医が指定した日

オルソケラトロジーによる治療は
眼科専門医に限定されます。

オルソケラトロジーレンズ 取扱眼科

※ 治療の方針はそれぞれの眼科により異なる場合があります。治療を希望しても眼の健康状態や近視の度合によって治療を受けられない場合もあります。詳細は通院される眼科・クリニックにお問い合わせください。オルソケラトロジー治療を受けるには、オルソケラトロジーを取扱っている眼科・クリニックで診断を受けます。
問診、検査、テスト装用など、様々な段階を経て、医師の判断のもと、オルソケラトロジーレンズを導入した治療が行われます。

医療関係者向け製品情報を見る
ページの先頭に戻る