オルソケラトロジーとは?

オルソケラトロジーとは

Orthokeratology=【角膜矯正により視力補正する治療法】という意味のオルソケラトロジーレンズは、角膜の中央部を平坦化させることによって近視を矯正するコンタクトレンズです。

「角膜矯正用コンタクトレンズ」に分類され、一般的なコンタクトレンズの「視力補正用コンタクトレンズ」とは分類が違います。

オルソケラトロジーは、角膜の形状を変えることから治療の一環として眼科で取扱われており、レンズ使用費用と診療代をあわせて自由診療扱いとなっています。

夜にレンズを着ければ、日中は裸眼でも良好な視界。

オルソケラトロジー治療は「オルソケラトロジーレンズ」というコンタクトレンズを寝る前に装用して、
寝ている間に眼の角膜を矯正する治療方法です。
日中はレンズをつけなくてもよいので、快適な生活が送れます。

※効果には個人差があります。

STEP01夜、寝るまえにレンズを装用

STEP01寝る前に
レンズを装用
通常のコンタクトレンズとは違い就寝時にレンズを装用。

STEP02

STEP02寝ている間に矯正寝ている間に角膜を矯正して視力を改善。

STEP03日中は何もつけなくても見えるから快適!

STEP03日中は裸眼で
「快適生活」
レンズをはずしても角膜形状が保たれるから、快適な裸眼生活。

他の矯正方法との比較

  長所 短所
眼鏡
  • 手軽にかけたりはずしたりできる
  • 手入れが簡単である
  • 激しい運動には不向き
  • レンズがくもったり、視野が狭くなったりする
コンタクトレンズ
  • 強い近視や乱視・遠視でも矯正できる
  • 容姿に影響を与えずに使える
  • 眼鏡に比べると手軽にはつけはずしできない
  • ゴーグルなしで水泳には使えない
オルソケラトロジーレンズ
  • 日中は裸眼で過ごせる
  • 中止すれば2週間程度で元の角膜形状に戻る
  • 夜間に継続してレンズを装用しなくてはならない
  • 強度近視や乱視・遠視は矯正できない
レーシック
  • 常に裸眼で過ごせる
  • ケアの手間や追加費用がかからない
  • 外科手術が必要で、元の角膜形状には戻せない
  • 18歳以上でないと手術を、受けられない

※上記は一例です。

オルソケラトロジーによる治療は
眼科専門医に限定されます。

オルソケラトロジーレンズ 取扱眼科

※ 治療の方針はそれぞれの眼科により異なる場合があります。治療を希望しても眼の健康状態や近視の度合によって治療を受けられない場合もあります。詳細は通院される眼科・クリニックにお問い合わせください。オルソケラトロジー治療を受けるには、オルソケラトロジーを取扱っている眼科・クリニックで診断を受けます。
問診、検査、テスト装用など、様々な段階を経て、医師の判断のもと、オルソケラトロジーレンズを導入した治療が行われます。

医療関係者向け製品情報を見る
ページの先頭に戻る