目がわるいとは?(屈折異常について)|コンタクトレンズのメニコン



初めてコンタクトレンズをお使いの方

2.目がわるいとは?(屈折異常について)


正視

正視

正視とは、外から目に入ってきた光が網膜上で像を結ぶ目のことで、屈折異常はありません。

近視

近視

近視とは、外から目に入ってきた光が網膜より手前で像を結ぶ目のことで、遠いところが見えにくくなります。

遠視

遠視

遠視とは、外から目に入ってきた光が網膜より後ろに像を結ぶ目のことで、近くが見えにくくなります。

乱視

乱視乱視

乱視(正乱視)とは、角膜の経線(地球の子午線にあたる)によって屈折率が異なるため、物を見た時、網膜上に正しく像を結ばない目のことです。角膜乱視のない場合、縦も横も同じカーブと考えると、乱視の目ではラグビーボールのように縦と横のカーブの強さが異なっているのです。水晶体にも乱視があり角膜乱視と水晶体乱視のバランスが悪いときに乱視になります。

※けがや病気が原因で角膜の屈折面が平坦でないために起こる乱視は、不正乱視といいます。


ページトップへ