コンタクトレンズ百科事典。コンタクトレンズのメニコン

コンタクトレンズのメニコン HOME >  コンタクトレンズ総合資料室 >  コンタクトレンズ百科事典

コンタクトレンズの歴史 :
5.プラスチックコンタクトレンズの発展

ダ・ビンチ以来、約440年を経て1940年代にポリメチルメタクリレート(PMMA)を素材とするハードコンタクトレンズが開発された。それ以前にも、ガラスを素材とするハードコンタクトレンズがあったが、加工が困難なことが制約となって一般的に普及するまでには至らなかった。旋盤による切削加工が可能な、ハードコンタクトレンズ用プラスチック材料(PMMA)が開発されたことによって、コンタクトレンズ産業としての歴史が始まったということができる。
 1934年  プラスチックの出現
1937年 ウイリアム・フェインブルーム(William Feinbloom)
半合成(ガラスとプラスチック)の強角膜レンズ製作
1940年 オブリーグ(Obrig)
型取り全プラスチックコンタクトレンズ製作(アクリル樹脂)
1948年 ケルビン(Kervin)
プラスチックで角膜レンズ製作
1950年 水谷 豊
プラスチック製強角膜レンズ製作
1951年 田中 恭一(メニコン 会長)
日本で最初の11.0〜11.5mmサイズの角膜レンズ製作
1952-
1954年
ウイルエルム・ゾーンゲス(Wilhelm Sohnges)
フランク・ディッ キンソン(Frank Dickinsaon)
ネイル(J.C.Neill)

角膜よりもさらに直径の小さいマイクロレンズ(9.5mm以下)を紹介
1956年 ウェスリー(Newton K.Wesley)
8.8mm前後のベベル付きレンズを製作
1958年 メニコン
透明カラーレンズ発売
1965年 メニコン
オリジナルレンズ発売
1966年 メニコン
バラストルレンズ発売
1969年 メニコン
円錐角膜レンズ(Aタイプ、Bタイプ)発売
1970年 メニコン
メニコン8発売
1974年 メニコン
メニコンハード3サイズ発売
1994年 メニコン
PMMAハードコンタクトレンズの製造中止
PMMA素材の登場により、ハードコンタクトレンズ(HCL)が一般に普及し始めたが、 普及するにつれてHCLの問題が明らかになってきた。主な問題は、装用になれるまで に時間がかかること、1日の装用時間に限界があること、いろいろな自覚症状があり 装用できない場合もあること、無理な装用により角膜障害が生じること等であり、こ れらの問題の主原因は、HCLのPMMA素材が角膜の代謝に必要な酸素を全然透過しない ためであることが判明している。

  BACK