コンタクトレンズ百科事典|コンタクトレンズのメニコン

コンタクトレンズのメニコン HOME >  コンタクトレンズ総合資料室 >  コンタクトレンズ百科事典

コンタクトレンズBOOK 入門編 :
コンタクトはなぜ酸素を通さなければならないのでしょう?
皮膚が新陳代謝するのと同じように、角膜も新陳代謝のために呼吸をしています。ですから、角膜への酸素量が不足すると、角膜が酸素不足の状態になり、正常な機能の維持が困難になってくるのです。現在では、コンタクトレンズの品質が飛躍的に向上し、ハードコンタクトレンズもソフトコンタクトレンズも酸素透過性の高いコンタクトレンズが主流。連続装用ができるほど、酸素透過性に優れたコンタクトレンズも登場し、ますます瞳に優しく安全性が高くなってきています。

  BACK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コンタクトレンズBOOK 入門編 :
コンタクトレンズには定期検査があります。

コンタクトレンズは、購入後一定期間ごとに定期検査があり、コンタクトレンズの状態、眼の状態をチェックします。眼の健康をチェックする大切な検査ですから、たとえ調子が良い場合でも、必ずお受けください。コンタクトレンズにとれないタンパク質やカルシウムが付着している時など、眼への悪影響を防ぐために、すぐにコンタクトレンズを買い替えていただいた方が良い場合もあるのです。指示された定期検査は、お忘れなく。

  BACK