検索結果詳細
件名

近視の人は老視(老眼)にならないのですか?

回答
老視(老眼)は、近視であるないに関わらず
45歳を過ぎたあたりから、個人差はありますが、遅かれ早かれ
ほとんどの人がなるものです。

遠視の人は近くを見るのにより調節力が必要なため老視と気づく年齢が早く、
反対に近視の人では遅めになります。よく「近視の人は老眼にならない」と
いわれますが、正しくは「もともと近くにピントが合っているので調節する
必要がない」ために、老視(老眼)になったことに気づきにくいだけなのです。






参考になりましたか?
Powered by i-ask