検索結果詳細
件名

老視(老眼)とは

回答

老視(老眼)とは、年齢とともに近くのものにピントを合わせること、
つまり調節力が弱くなるために起こる症状です。

近くの物を見るときには、眼は水晶体
(カメラのレンズのようなはたらきをする部分)の
厚みを増加させる「調節」という機能によりピントを
合わそうとします。
しかし、年齢とともに水晶体は硬くなるので変形しにくくなります。
そのため、近くの物にピントを合わせられなくなり、
近くが見えづらくなります。

もし、上記のような症状がありましたら、先ず、
ご使用のコンタクトレンズの度数を弱めに
調整いただくことをおすすめします。
さらに老視(老眼)が進行した時には、
遠近両用コンタクトレンズをご検討ください。

参考になりましたか?
Powered by i-ask