ニュース

  • ニュース

2016年08月

ユーザーの7割が気にする"コンタクトレンズの内面にふれる行為"を解決! 1DAYコンタクトレンズの新常識「SMART TOUCH」TVCM開始のお知らせ

株式会社メニコン(本社:愛知県名古屋市、代表執行役:田中英成)は、コンタクトレンズの内面にふれない新常識「SMART TOUCH」をスタートし、2016年8月20日(土)より、TVCMの放映を開始しました。

SMART TOUCH【SMART TOUCHとは】
SMART TOUCHは、「コンタクトレンズの内面にふれない」メニコンの1DAYコンタクトの総称です。直接目にふれる内面に、ふれる事なく装用する事ができるため、「清潔」なコンタクトレンズを使用する事ができます。また、パックを開封すると常に表面が上を向いた状態のため、表裏の判別の必要がなく、「簡単」に装用する事ができます。そのため、忙しい朝の時間を無駄にする事もなく、レンズの表裏の見分けがつかないコンタクトレンズ初心者の方にも安心してご使用いただける商品です。

SMART TOUCHは、メニコンの1DAYコンタクトレンズ"Magic"からスタートしています。

【コンタクトレンズユーザーの声に応えた、SMART TOUCH】
メニコンでは、コンタクトレンズを使用している全国の男女600名(20歳~49歳)を対象に「コンタクトレンズに関する意識調査」を実施いたしました。
その結果見えてきたことは、「コンタクトレンズユーザーの多くは、"内面"にふれる事を気にしている」ということでした。

Q.
コンタクトを着用する時、コンタクトの"内面"にふれることが気になりますか。
SMART TOUCH ans
約7割以上のコンタクトレンズユーザーが、「できればコンタクトの"内面"に触りたくない」という意識が見られ、潜在的に「清潔なコンタクトレンズをつけたい」という気持ちが強い事が分かりました。
また、コンタクトレンズを汚した経験のあるユーザーに、どの場面で汚したのかを聞いたところ、最も多かったのは「コンタクトレンズをはめる時」でした。

SMART TOUCH graph
これまであまり重要視されてこなかった「コンタクトレンズ装用時に、内面にふれない」という点ですが、実は多くのコンタクトレンズユーザーにとってニーズがある事が判明しました。

お客様に清潔でクリアな視界を提供するために、メニコンの新常識「SMART TOUCH」によって、コンタクトレンズの内面が汚れるリスクを低減し、装用も快適なコンタクトレンズ生活を提供してまいります。また、今後もメニコンでは「SMART TOUCH」搭載のコンタクトレンズの発売や、メニコン直営店やメルスプラン加盟店を中心とした店頭展開、各種キャンペーンによって、「SMART TOUCH」の拡大・普及に努めてまいります。


▼SMART TOUCH 特設サイト
http://www.menicon.co.jp/st/


------------------------------------------
調査概要
------------------------------------------
「コンタクトレンズに関する意識調査」
調査方法: インターネットアンケート調査
調査実施機関: 株式会社ネオマーケティング
調査実施期間: 2016年8月5日~8月8日
対象地域: 全国
対象者: 20歳~49歳男女 計600名

< 一覧に戻る

HOME ニュース
PAGE TOP
Copyrights(C) Menicon, all rights reserved.