ニュース

  • 社会貢献活動(CSR)

2012年7月

「2WEEKメニコン プレミオ」のWEBキャンペーン“メニコンダンス部”がスタート!

調査結果

Q:ダンスの学習、特にヒップホップの学習について、児童・生徒はうまく学習することができていると感じますか。

 近年、ヒップホップなどの現代的なダンスが義務教育へ導入されていますが、「ダンスの学習、特にヒップホップの学習について、児童・生徒はうまく学習する ことができていると感じますか。」という質問に対して「ほとんどの児童・生徒がうまく学習できていると思う。」と回答した教師はわずか8.5%にとどま り、「うまく学習できていない児童・生徒はいる(72.5%)」「多くの児童・生徒がうまく学習できていない(19%)」とほとんどの教師が児童・生徒が うまく学習できていないと回答しました。


Q:ダンスの指導について、あなたご自身が困ったことはありますか。

 ダンスの指導について、あなたご自身が困ったことはありますか。という質問に対して、困ったことは全くないと回答した教師は19.5%で、困ったことがあ ると答えた教師が59.5%いつも困っている21.0%と、約8割の教師がダンス指導に困っているという現状が分かりました。


Q:児童・生徒のダンスの学習において望ましい教材は何だと思いますか。

 児童・生徒のダンスの学習において望ましい教材は何だと思いますか。という質問に対して「動画で学ぶことのできるもの(72.0%※複数回答可)」「楽し みながら学ぶことができるもの(53%※複数回答可)」、「少しずつステップアップしながら学べるもの(51.5%※複数回答可)」という結果になり、動 画で見ながら学べるものや楽しみながら少しずつステップアップできる教材が望まれていることが分かりました。


Q:10年前と比較して、今の児童・生徒は視力が悪くなっていると感じますか。

 「10年前と比較して、今の児童・生徒は視力が悪くなっていると感じますか。」という質問に対して「とてもそう思う(18.5%)」「そう思う(53.5%)」と、合わせて72%が10年前と比べると今の児童・生徒は視力が悪くなっていると感じていることが分かりました。


Q:視力が悪く、メガネを使用している児童・生徒が「運動しにくそう」「運動を楽しめていない」と感じることがありますか。

 『視力が悪く、メガネを使用している児童・生徒が「運動しにくそう」「運動を楽しめていない」と感じることがありますか。』という質問に対して、「感じる ことが多い(9%)」「感じることがある(35.5%)」「感じることは少ない(52.5%)」と少なからず運動を楽しめてないのではないかと感じている ことが分かりました。

 また、上記質問に対して、視力が悪く、メガネを使用している児童・生徒が「運動しにくそう・運動を楽しめていないと感じることが多い」「運動しにくそう・ 運動を楽しめていないと感じることがある」と答えた方に、「具体的に、体育授業のどのような種目でそう感じますか。」と質問したところ、「バレーボール・ サッカーなどの球技」と69.7%(※複数回答可)が回答し1番多く、次いで「器械体操・ダンスなどの室内競技」も59.6%(※複数回答可)と球技と室 内競技が圧倒的に多く感じていることが分かる結果となりました。


◆有効回答数:200人(男性121人、女性79人)
◆調査期間:2012年07月13日(金)~2012年07月15日(日)
◆調査方法:インターネットリサーチ

HOME ニュース
PAGE TOP
Copyrights(C) Menicon, all rights reserved.